久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のマイクロチップの埋め込み
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」 ペットに小さな小さな名札をつけて、はぐれてもまた出会えるようにしましょう。
マイクロチップとは、世界に1つしかない番号が記録されているICチップです。このチップを挿入することにより、永久的な固体識別が可能となります。
災害時など一度にたくさんの迷子犬が現れたときの飼い主さん探しになどに威力を発揮します。
診察時に簡単に挿入できます(無麻酔でお注射のようにチクッと一瞬で終わります)ので、積極的なご利用をお勧めいたします。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のマイクロチップとは?

マイクロチップとは、直径2㎜、長さ約8~12㎜の円筒形のガラスのカプセルで包まれた電子標識器具のことです。その中には、個体識別番号が書かれた機能や、アンテナの役割を果たすコイル等が収めてあり、ICチップとも言われています。
専用のリーダーをマイクロチップに近づけると、リーダーが発する電波にマイクロチップが反応して番号を送り返します。これをリーダーが感知して番号を読み取ります。マイクロチップ自体は電源を必要としないので、電池などの交換は必要なく、一度動物の体内に埋込めば一生交換する必要はありません。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のマイクロチップのメリット

迷子や地震などの災害、盗難や事故などによって、飼い主と離ればなれになっても、マイクロチップの番号をリーダーで読み取り、データベースに登録された情報と照合することで、飼い主のもとに戻ってくる可能性が高くなります。
マイクロチップには、国・メーカーコード、動物種コード、個体番号等が組み合わされた世界で唯一の個体識別番号が標識されています。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のマイクロチップの埋込み・登録
獣医師が通常の注射針より少し太い専用の注射器を使って体内に注入します。痛みは普通の注射と同じくらいといわれており、動物への負担はそれほどでもありません。
マイクロチップを埋め込んだだけでは迷子になっても飼い主さんの情報は分かりません。必ずマイクロチップのデータ登録手続を行ってください。
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」 このような読み取る装置をマイクロチップに近づけると識別番号が表示されます。