猫の症状「下痢」「便に異常がある」

猫の症状「下痢」「便に異常がある」

猫が下痢をするときは、人間と同様に胃、大腸、小腸といった消化器系に何らかの問題が起こっています。しかし、水便が止まらなかったり、便の中に粘液や血液が混ざっていたり、苦しそうに下痢をしている場合は病気の可能性が考えられますので、獣医師に診てもらうことをお勧めします。

【考えられる主な原因】
 感染症
 肝臓・膵臓の疾患
 炎症性腸症患
 内部寄生虫
 食事性アレルギー
 腸内細菌の過剰な増殖
 薬物中毒
 甲状腺機能亢進症
 消化管の腫瘍
 尿毒症

【下痢は小腸か大腸に原因があるケースが多い】
 猫が下痢をした時は、原因が小腸にあるか、大腸にあるかが問題になります。
小腸の異常が原因の場合は、1回あたりの便の量が多くなります。その場合、猫は栄養を吸収できずに痩せ細っていくことが考えられます。
 一方、大腸に原因がある場合は、下痢便の量が少なく、何度も粘液や血が混ざった便をする傾向が強いです。また、排便のポーズだけをとって便が出ない「しぶり」という徴候もみられます。

【下痢と嘔吐を同時にする場合は胃や十二指腸にも原因がある可能性が】
 猫が腹痛の症状を示し、下痢と同時に嘔吐するようなら、おそらく胃にも原因があります。水溶性の下痢が続き、嘔吐もあるようなら、重い腸炎、寄生虫、食物アレルギー、悪性の腫瘍があることも考えられます。症状が比較的軽度であればお薬で回復しますが、猫の下痢が治らず食欲もない場合は、重症の可能性があるかもしれません。

【黒っぽい便にも注意】
 猫が黒っぽいタール状の便をする場合は、胃潰瘍、胃がん、小腸がんによる出血の可能性もあります。さらに粘液状の便が続くときには寄生虫、大腸がん、食物アレルギー、巨大結腸症による重症の便秘などが考えられます。

【下痢はご家族の手当てで治療することが難しい】
下痢の治療について、ご家族では難しいこともありますので、できるだけ早めに病院に連れて行きましょう。病院に連れて行く場合には、下痢便のサンプルを持参することで、より正確な診断を受けられます。

猫の症状「目にケガをする・目に異常がある」

目にケガをする・目に異常がある


猫は目に異常が生じると、本来のすばしこさや敏感さが失われます。目やにが多い、眩しそうに目を細めている、眼球が白っぽくかすんでいる、瞳の色がおかしいなどの症状を放っておくと、視力低下または失明に繋がるおそれがあります。また、目の異常はほかの病気の兆候である場合もあるため、ご家族の方は日頃から猫の目の健康をチェックするようにすると良いでしょう。

【猫の目のしくみ】
猫の目は、人間で言うと黒目と白目しか無い様に見えますが、実際には眼球の大部分が骨のくぼみ(眼窩)に収まっています。そのため、外から見た時の目の形は、まぶたの開き具合によって様々に異なります。
また、猫の目は、さまざまな色を見分けるのは苦手ですが、光に対する反応は非常に敏感です。猫の瞳は明るいところでは線の様に狭まり、暗いところではまん丸に広がり、目に入る光の量を調整しています。

【考えられる主な原因】
動物同士のケンカ
腫瘍
結膜炎
角膜炎
緑内障
網膜変性症
クリプトコッカス症
ネコ伝染性腹膜炎

【ケンカが原因となることも多い】
 猫は前足と後ろ足の爪を使って前方に攻撃する習性があるため、猫同士のケンカは顔面に傷を負うことが多いです。顔をひっかかれた等のケガであれば治療と時間経過によって回復していきますが、まぶたや眼球を引っ掻かれたり、強く叩かれてしまうことで、角膜が傷ついたり、網膜が剥がれてしまって失明するおそれがあります。猫がケンカによって目をケガしたときには、念のため、獣医師に診てもらった方が良いでしょう。

【猫は目のトラブルが多い動物】
猫の目は地面からの距離が近いため、ゴミや砂などの異物が目に入りやすいです。また、気性が荒い猫の場合は、ケンカの傷などが原因となって、結膜炎や角膜炎などの病気になる可能性が高いです。
基本的に、目に異常がある時は、目を閉じたり細目でいる時間が多くなる、しきりに目を気にする、まぶたが腫れる、涙の量が増える、といったことがみられます。これらの様子がみられたら、目のケガもしくは目の病気にかかっている可能性があります。
猫の目に異常がある場合は健康時と比べて違いが分かりやすいので、ご家族の方は、日頃のスキンシップの際に猫の目をチェックしてあげるようにしましょう。

猫の症状「ヨダレが出る・泡をふく」

ヨダレが出る・泡をふく

唾液は口の中で食べ物と混ざりあって嚥下(飲み込み)しやすくしたり、口に溜まった食べかすや細菌を洗い流したり、口の中の乾燥を防ぐなど、重要な役割があります。また、猫は美味しそうな食べ物を前にしても、犬の様にヨダレを垂らすことはほとんどありません。猫が沢山のヨダレを垂らしているときは、何らかのトラブルがあると考えられます。

【考えられる主な原因】

・歯周病
・口内炎
・中毒
・口の中のガン
・脳、神経の異常
・あごの骨の骨折
・熱中症
・てんかん発作
・食道炎
・猫エイズ
・尿毒症
・猫カリシウイルスなどの感染症

【猫は歯ぐきに異常が起こりやすい】

 猫は、口腔内の病気において、特に歯ぐきに異常が起こりやすい動物です。歯ぐきが炎症を起こして赤く腫れている様であれば、歯周病の初期症状である可能性があります。歯ぐきの炎症を放置したままでいると歯肉炎となったり、歯ぐきに悪性腫瘍ができてしまうケースもあります。

【ヨダレや泡をふいているのは危険な状態】

猫は好奇心が旺盛なので、台所用洗剤や化粧品などを始め、さまざまなものを口に入れてしまう事があります。そのため、異物(主に液体)を飲み込んでしまったことが原因でヨダレや泡を吹くという事があります。「猫が何か薬剤を飲んだ」というケースで動物病院に連れて来られる際は、猫が飲み込んだと考えられる物を持参していただけると、正確に対処することができます。

【血液の混ざったヨダレは危険信号】

ヨダレの中に血液が混ざっていたら、とても悪い状態であることを示します。
猫が前足を使って口を引っ掻く仕草をし始めたら、口内もしくはノドに異物が刺さっていたり、食べ物が引っかかっている可能性があります。また、口を開けたままで閉じようとしない場合は、アゴを骨折していたり、未梢神経に異常を起こしている可能性が考えられます。

【食道炎の可能性も考えられます】

ヨダレが溢れていて、食べ物を飲み込んでもすぐに吐き出すようであれば食道炎の可能性が考えられます。食道が痛むため、唾を飲み込むのも辛く、何度も唾を飲み込もうとする仕草が目立ちます。また、飲み込むときに泣き叫ぶといったこともあります。
こうした状況を放っておくと、食欲や飲水量が低下するので、減量・脱水症状となり、次第に元気がなくなっていきます。また、発熱、咳、呼吸困難、誤嚥性肺炎のリスクが高まる可能性があります。さらに、長期化すると食道狭窄や巨大食道症を併発することもあります。