変形性関節症とは。

変形性関節症とは、関節に過剰な負担がかかったり、関節が不安定になったりして、関節に腫れや痛みがでる病気です。
ひどい場合には、”足を上げる”といった症状がみられますが、実際には慢性痛といった症状が多いです。
この場合、ワンちゃんやねこちゃんは、少しずつの痛みを長期間受けていますが、それを言葉にすることはできないので、
”あまり歩かない”、”元気がなくなった”、”食欲がなくなった”といった症状としてみられることがあります。

近年ペットとして飼われているワンちゃんやねこちゃんの平均寿命が長くなり、また、動物さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)が
より重視されるようになっているため、この病気の治療は今までにまして重要になっています。

病気の原因としては関節部分の骨の異常(膝蓋骨脱臼、股関節形成不全等)や靭帯の異常(前十字靭帯断裂等)、および老化や肥満等が挙げられます。
関節内にある軟骨が徐々に損傷を受け、悪化すると骨の部分にまで変形がおよびます。

診断は、触診(関節の腫れや痛み、正常に曲げ伸ばしできるかの確認)やレントゲン検査(骨の変形等の確認)によって行います。

治療についてはいくつかの方法がありますが、関節の変形が進んでいる場合にはそれを元通りに治すのは残念ながら難しいです。
なので、治療の主な目的は痛みや腫れを抑えること、病気の悪化を抑えることになります。

<治療法>
・飲み薬や注射による消炎鎮痛剤の使用
・サプリメント(コンドロイチン、グルコサミン等)
・体重管理
・リハビリテーション

その中でもリハビリテーションには、
・関節を動かしてあげることで、関節の動く範囲を拡げる・維持する
・筋力を維持することで関節にかかる負荷を減らす
・減量

というような効果があります。
関節の曲げ伸ばしの補助や、水中での歩行などそれぞれの状態にあわせて行っていきます。薬を使わずに、症状を緩和できるので、ぜひとも治療に取り入れたい方法のひとつです。

みなさまのおうちのワンちゃんやねこちゃんの”歳だから”といって見過ごしていた症状も、こういった病気が原因かもしれません。何か気になる点等ありましたらスタッフにご相談いただければと思います。

獣医師 宮本

往診・送迎のご案内

往診案内

2017年より、当院にカルテの登録のある患者様を対象に往診、送迎を実施しておりましたが、この度、初診の方でもご利用になれるようなりました。

ご予約制にて承りますので、予めお電話でお問い合わせ下さい。

往診可能日:木曜日
時間帯: 13:00~15:00の間でご相談
往診可能エリア 東村山市 
*市外の方はご相談下さい。
*往診費用が掛かります。

・大型犬が寝たきりで病院に行けない
・車がない
・病院だとパニックを起こしてしまう
・多頭飼育で全員連れて行くのは無理

などなど、来院が難しい場合にぜひご利用頂けます。

特に猫さんは、ご自宅での診察や採血など、病院で行なうよりも落ち着いてさせてくれ、好評頂いています。

ご興味のある方は、ぜひご相談下さい^^

看護師 吉村

前十字靭帯断裂!

こんにちは!看護師の浅野です。

今サッカー日本代表がW杯を賭けて頑張っていますね!

スポーツ選手でよく前十字靭帯断裂というけがをよく聞きませんか?
あのロナウド選手も前十字靭帯を断裂しているそうです。

IMG_0424

前十字靭帯は太ももとすねの骨を繋ぐ靭帯のひとつで、切れてしまうと骨がうまく重ならずずれてしまうため、とても痛く、歩くことは難しくなってしまいます。
わんちゃんでも激しい運動、特にすごい速さでターンするなど膝をひねる動きは要注意なんです!

また、太っていたり、ベッドやソファから飛び降りるなどいつもやっていることでも着地を失敗すると断裂してしまうこともあります。
もし断裂してしまった場合は、外科的な手術が必要になってきます。術後は痛みがあるため脚を使いたがらない子も多いですが、それではどんどん筋力も落ちてしまいますので無理をしすぎない程度にリハビリが必要になります。

当院では獣医師の指示のもと、体調や性格、症状に合わせて専門の看護師がメニューを考えて行いますので、安全にリハビリを行えます。
病気やけがの予防としてダイエットも行えますのでお気軽にご相談ください!

膝蓋骨脱臼ってどんな病気?

こんばんは。

皆さん膝蓋骨脱臼という病気を聞いたことがありますか?
小型犬に先天性のものが多く見られ、後天性では打撲や落下が原因になることがあります。

ではどんな病気なのでしょうか?
膝蓋骨は膝にあり、膝のお皿とも呼ばれたりしています。
その膝蓋骨は大腿骨先端にある溝にはまっていて、膝をスムーズに曲げ伸ばしさせる役目を担っています。
小型犬だとこの溝が生まれつき浅く膝が動くと膝蓋骨が溝からズレやすくなったり、内股などにより膝の部分に歪みが生じて膝蓋骨が外れやすくなったりします。

先天的なものだと痛みが生じることは少ないのですが、歩くたびにズレが生じることで違和感を感じ、足をあげてケンケンしたり、スキップのような走り方をしたりします。

このズレにより膝に炎症が起き関節炎や、繰り返すことで将来 変形性関節症を引き起こす可能性もあります。

一生うまく付き合って過ごせる子もいれば、症状が重く痛みを伴ったり、生活に支障をきたしたりする場合は手術をしてズレないように治したりします。
手術後には足を庇っていたことによる筋力の低下などを改善させるためにリハビリを行うことが理想的です。

当院では膝蓋骨脱臼の外科手術後には積極的なリハビリをお勧めしています。
リハビリを行うことで普通に生活しているよりも効率的にかつスピーディーな回復が望めます。

リハビリや整形外科疾患・手術に関する疑問・質問や、お悩み・相談などいつでも承っておりますので、お気軽にご相談ください!

看護師 小熊みなみ

当院での麻酔処置の流れ

家族の一員である動物さんたちも生活していくなかで、私たちと同じように手術が必要になってくるタイミングが出てきます。その理由は避妊のためであったり、病気の治療のためであったりと様々です。そして手術に臨む際、切っても切れない処置が麻酔処置です。
ししかし麻酔となると「体に負担が大きいと聞くし、どんなことをしているかわからなくてなんだか怖そう…」といったイメージをお持ちになる方が多いと思います。
そこで、今回は当院での麻酔処置が、どのような手順や工夫の下で行われているのか簡単にご説明させていただき、皆さまの不安を少しでも和らげるお手伝いができればと思います。

1.お預かり~手術前まで
当院では安全に麻酔をかけられるように、処置前に必ず動物さんの体調をチェックさせていただきます。その方法は、一般身体検査や血液検査が主ですが、必要な場合にはレントゲンや超音波検査も行います。シニアさんのように、体調面に少しでも不安がある子の時には、術前に全身をチェックできるDock・心臓検査もご案内しています。

2.手術直前~手術中
いざ、手術が開始です!まず気管挿管前に、前酸素化といって、あらかじめ酸素の吸入を5分間してもらいます。当院では必ず獣医師または看護師が1人、麻酔管理者としてつき、安全な麻酔の維持と記録をしています。また手術にあたり、痛みのコントロールを行い、スムーズな麻酔覚醒をするために保温したり、体内循環を保つために点滴を行ったりと、できるだけ動物さんの体に負担がかからないような工夫もしています。

3.手術終了~覚醒
動物さんが完全に麻酔から覚めてくれるまで、スタッフが傍で心拍数や呼吸の状態などをチェックしています。そして動物さんの体調に大きな問題がないと判断したあとで、入院室に戻り、ご家族の皆様に手術終了のお電話をさせていただきます。

以上が当院での麻酔処置の流れとなっています。今回は簡単にお話しさせていただいただけなので、何か疑問やご不明な点があった際には診察中はもちろん、いつでもスタッフにお尋ねください!!

獣医師 山本 華以

わんちゃんのリハビリー水中療法編ー

こんにちは、看護師の小熊です。
プールに入りたくなるような暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

ワンちゃんのリハビリにもプールがあるのをご存知ですか?
最近よくテレビなどでも紹介されているのでご存じの方も多いかと思います。
プールと言ってもいろいろあり、本当にプールのように広いところで泳ぐものもあれば、少し大きめの箱のようなケース内を水に浸かって歩いたりその場で泳いだりというのもあります。

なぜ水中を泳いだり歩いたりするのが良いのでしょうか?
実は水中で発生する浮力と抵抗力が関係しています。
浮力により足や腰に掛かる負担や体重を軽減してくれ、水の抵抗力により負荷がかかり筋力アップにつながります。

当院でも膝の手術や腰の手術をした後のリハビリでは水中療法を取り入れています!
お水に喜んで入ってくれる子は多くはないですが、ご褒美をあげて褒めてあげながら行うと、みんなとても頑張ってくれます!

トリミング室で水中療法は行っていますので、トリミング送迎時や、前を通った時などに是非見てみて下さい!
頑張ってるワンちゃんたちの姿がとてもキュートですよ♪

「あれ?いつのまにかこんなところにできものが・・・」

「あれ?いつのまにかこんなところにできものが・・・」  ということありませんか?

◯腫瘍って何?
異常な細胞の集まりで、高齢になるほど発生率は高くなります。といっても、腫瘍には「良性」と「悪性」の2種類あり、「良性」は 治療などが必要ですが死に直結はしません。一方「悪性」は発見が遅いと最悪の場合、死に至ることもあります。

◯もし悪性の腫瘍だったら・・・
「悪性」だったとしても、発見が早ければ完治する可能性ももちろんあります。治療法には、
・外科療法   
・化学療法(薬)  
・放射線療法   
があり、いくつかの治療法を組み合わせて使用することもあります。

◯手遅れにならないために・・・
では「手遅れにならないために、どうすればいいだろう?」
 難しいことではありません。定期的に動物病院で診察を受けたり検査を行うことで早期発見につなげることができます。元気そうに見えていても、身体検査や血液検査、尿検査などで思わぬ異常を発見することもあります。

当院でもドック検査や専門医による画像診断など行っていますので、ぜひご利用下さい。

※「腫瘍」に関して、当院では外科療法と化学療法を用いており、月に2回「腫瘍専門医」による診療を行っております。
また「がん学会認定医」も常勤しておりますので、専門的な治療も可能です。 お気軽にお問い合わせ下さい!

看護師 今川

僧帽弁閉鎖不全症、知ってますか?

突然ですが、僧帽弁閉鎖不全症という病気をご存知ですか?

その名前の通り、心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁という弁がうまくしまらなくなる病気です。
一方通行のはずの血液が、弁がきちんと閉まらないことで血液の逆流が起き、最終的には心不全に陥る病気です。

ワンちゃんのかかる最も多い心臓の病気で、特にキャバリアやマルチーズ、チワワ、シーズーなど小型犬に多く見られます。

症状は、
・咳をするようになる。
・疲れやすい
・じっとしているのに呼吸が早い。
・元気食欲の低下
・倒れる
・呼吸困難

などですが、実は、この病気は初期の状態では症状が出ないことも。
進行すると、肺に水が溜まる肺水腫になるなど、緊急を要する状態になることもあります。

ちょっとでも気になる症状があるときは、ぜひ診察をお受け下さい。
また、特に変わった様子がなくても、初期の無症状の状態の場合もありますので、毎月の健診での聴診と、好発犬種の子では定期的な心臓検査をオススメします!

当院では心臓のドック検査も行っております。
エコー検査やレントゲン撮影、心電図、血圧測定などがセットになっており、心臓に異常がないか、どこに異常があるのかを細かく検査します。

循環器に強い獣医師や、臨床検査の専門医もおりますので、まずはお気軽にご相談ください!

看護師 嶋田麻希

リハビリ3 「座り立ち運動」

こんにちは、トリマーの鈴木です。

今日はリハビリテーションの1つとして当院でも行っている「座り立ち運動」についてお話しします。

座り立ち運動は、お座りと立ち上がるのを繰り返す運動で、人間が行うスクワットに相当します。お座りを覚えてくれている子であれば比較的簡単に行うことができます。
どちらかに偏った状態で立ち上がってしまわないように、両後肢に均等に力がかかるようにして立ち上がらせるのがポイントです。おやつなどごほうびを使って誘導すると行いやすいと思います。おやつは座ったらあげるのではなく、「座って立って」を2〜3回繰り返してからあげるようにしましょう。
1日5〜10回を3セット程度行えるといいでしょう。

お家でできるリハビリテーションは他にもありますので、興味のある方はぜひスタッフにご相談ください!

トリマー 鈴木沙彩