猫の症状「ヨダレが出る・泡をふく」

ヨダレが出る・泡をふく

唾液は口の中で食べ物と混ざりあって嚥下(飲み込み)しやすくしたり、口に溜まった食べかすや細菌を洗い流したり、口の中の乾燥を防ぐなど、重要な役割があります。また、猫は美味しそうな食べ物を前にしても、犬の様にヨダレを垂らすことはほとんどありません。猫が沢山のヨダレを垂らしているときは、何らかのトラブルがあると考えられます。

【考えられる主な原因】

・歯周病
・口内炎
・中毒
・口の中のガン
・脳、神経の異常
・あごの骨の骨折
・熱中症
・てんかん発作
・食道炎
・猫エイズ
・尿毒症
・猫カリシウイルスなどの感染症

【猫は歯ぐきに異常が起こりやすい】

 猫は、口腔内の病気において、特に歯ぐきに異常が起こりやすい動物です。歯ぐきが炎症を起こして赤く腫れている様であれば、歯周病の初期症状である可能性があります。歯ぐきの炎症を放置したままでいると歯肉炎となったり、歯ぐきに悪性腫瘍ができてしまうケースもあります。

【ヨダレや泡をふいているのは危険な状態】

猫は好奇心が旺盛なので、台所用洗剤や化粧品などを始め、さまざまなものを口に入れてしまう事があります。そのため、異物(主に液体)を飲み込んでしまったことが原因でヨダレや泡を吹くという事があります。「猫が何か薬剤を飲んだ」というケースで動物病院に連れて来られる際は、猫が飲み込んだと考えられる物を持参していただけると、正確に対処することができます。

【血液の混ざったヨダレは危険信号】

ヨダレの中に血液が混ざっていたら、とても悪い状態であることを示します。
猫が前足を使って口を引っ掻く仕草をし始めたら、口内もしくはノドに異物が刺さっていたり、食べ物が引っかかっている可能性があります。また、口を開けたままで閉じようとしない場合は、アゴを骨折していたり、未梢神経に異常を起こしている可能性が考えられます。

【食道炎の可能性も考えられます】

ヨダレが溢れていて、食べ物を飲み込んでもすぐに吐き出すようであれば食道炎の可能性が考えられます。食道が痛むため、唾を飲み込むのも辛く、何度も唾を飲み込もうとする仕草が目立ちます。また、飲み込むときに泣き叫ぶといったこともあります。
こうした状況を放っておくと、食欲や飲水量が低下するので、減量・脱水症状となり、次第に元気がなくなっていきます。また、発熱、咳、呼吸困難、誤嚥性肺炎のリスクが高まる可能性があります。さらに、長期化すると食道狭窄や巨大食道症を併発することもあります。

犬の症状「ヤケド」

犬の症状「ヤケド」

火傷(ヤケド)は、火、熱湯、蒸気、熱せられた金属などに触れて皮膚がただれたり、はがれるなどの傷を負うことをいいます。動物の体は大部分が水分で構成されており、熱くなりにくい性質を持っている反面、一旦熱くなると、なかなか冷えにくいので、火傷を負ったら出来るだけ早く患部を冷やすことが大切です。冷やすことでダメージを少なくすることができます。
ワンちゃんは人間よりも火傷の被害を受けやすいので、熱に対して一層の注意をはらいましょう。

【家の中にある火傷の危険性】
火傷の危険は家の中にも潜んでいます。好奇心の強いワンちゃんは、電気コードを噛んで感電し、唇や歯肉に火傷を負うことがあります。また、ワンちゃんに長時間ドライヤーを使っていると低温火傷を起こす可能性があります。さらに、熱い湯気や蒸気を吸い込んだために器官や肺に損傷をうける(内部火傷)場合もあります。
犬種によっては、何かと擦れた時の摩擦で火傷することもありますので、家のインテリアの配置や配線にも気を配るとよいでしょう。

【火傷の重度は4段階に分かれる】
火傷の症状は一般に、次の4段階に分けられます。少し皮膚に赤みが出る程度を第1度、皮膚が赤く腫れて水疱ができた状態を第2度、皮膚が剥けてしまうものを第3度、皮膚の下の筋肉なども損傷したものを第4度といいます。


【火傷の回復は応急処置にかかっている】

ワンちゃんが火傷をしたときは、ご家族の応急処置が今後の回復を左右します。体表の火傷で皮膚がやや赤くなって被毛が少し抜けている程度なら、とりあえず冷水で冷やすか、水で濡らしたタオルなどを傷の上にかぶせ、20〜30分様子をみます(水やタオルはときどき取り替えます)。皮膚の赤みがある程度ひいたら、軟膏などを塗って包帯を巻きます。
しかし、皮膚がむけたり水ぶくれを起こしているなどの重度の場合は、ガーゼや脱脂綿を冷水で濡らして、そっと火傷の上に乗せ、早急に動物病院や獣医師に連絡して、指示に従って下さい。

【夏と冬の火傷にも気をつけて】
夏場特有の火傷として、熱されたアスファルトやコンクリートによって散歩中に足裏の肉球(パッド)が火傷することが多いです。
一方、冬にみられる火傷事故では、熱く沸かし過ぎたお風呂にワンちゃんが落ちてしまって、広い範囲で火傷を負うケースがあります。このような時も、まずは冷たいシャワーなどでワンちゃんの体を冷やした後に、水で濡らした体をくるんで病院に運び、獣医師に診てもらうのが賢明でしょう。
火傷を負った後に充分な処置をしていないと、患部が化膿したり壊死(組織が死んで黒くなる)することがあります。そのような場合も、病院で適切な処置を受けることをお薦めします。ひどいヤケドは命にも関わるし、皮膚に火傷の痕が残ってしまうかもしれませんので、小さな火傷でも動物病院で診てもらうと良いでしょう。