久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-膀胱切開
病気の概要

膀胱切開術は泌尿器外科で最も高頻度で行われる手術です。膀胱切開術が適応になる疾患には、膀胱結石、膀胱腫瘍、膀胱破裂、尿膜管遺残などがあります。その中で最も多いのが膀胱結石であり、食餌などから摂取したミネラル成分が尿中の蛋白質と結合することにより形成されます。結石にはいくつか種類がありますが、その中でもリン酸アンモニウムマグネシウム(ストルバイト)やシュウ酸カルシウムが多くみられます。結石が形成される原因として、細菌性膀胱炎などの尿路感染症や飲水量の減少に伴い尿量・尿回数が低下すること、食餌や水に含まれるミネラル成分の過剰摂取などがあげられます。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

膀胱内の結石が膀胱粘膜を刺激することにより炎症をおこした結果、頻尿(尿量は増えていないのに尿の回数が増加している状態)や血尿がみられます。また、結石により細菌性膀胱炎を併発することがあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の治療

食餌療法と、膀胱切開術により結石を摘出する方法があります。ワンちゃん、ネコちゃんで多くみられるストルバイトは一般的に食餌療法により溶かすことが可能です。ただし、ストルバイトであってもサイズが大きい場合や、食餌療法で溶かすことのできないシュウ酸カルシウムの場合は手術が適応になります。手術後は再発を防ぐ為に食餌療法を続けていただく必要があります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」の流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」のステップ