久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-会陰尿道瘻造瘻術
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要

【猫の会陰尿道造瘻術】

若齢の猫によくみられる疾患の1つに尿石症があります。尿石症とは腎臓、尿管、膀胱、尿道にかけて尿石が形成された状態です。ただし、尿石以外の原因で下部尿路が閉塞し、排尿障害を起こすこともあるため、統一して猫下部尿路疾患(FLUTD)とも呼ばれています。
 一般的には食事変更や膀胱炎の治療により改善しますが、何度も尿石症を繰り返し、尿道の狭窄・閉塞などにより、腎臓に負担がかかることで腎機能の低下が生じるなど、病態が重篤な場合には会陰尿道造瘻術などの外科手術が適応となります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

猫で最もよく尿石がみられる場所は膀胱と尿道です。膀胱結石の場合は血尿や頻尿が主な症状であり、腎臓への影響はあまりありません。しかし尿道結石の場合には血尿や頻尿に加えて排尿困難のため、排尿時に疼痛がみられ、膀胱には多量の尿が貯留し、腹部が膨満します。処置が遅れると腎不全により死亡してしまうこともあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-治療

会陰尿道造瘻術は、雄猫で尿道閉塞の再発を防止したり、カテーテルを挿入しても閉塞を解除できない場合に行われます。
陰茎を露出し閉塞してしまった尿道の出口を縦に切り広げ、外側に縫いつけることで尿道の出口を広くします。これにより、雌猫のように広い尿道の出口を得ることができるため、結石がつまりにくく炎症によっても閉塞しにくい状態となります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-ステップ