久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-チェリーアイ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要

チェリーアイの原因は、本来、目頭裏側の膜内にある第三眼瞼腺が、第三眼瞼の外側に飛び出す事で起こります。
また、第三眼瞼と第三眼瞼腺とをつなぎとめる役割を果たす細胞の結合組織が先天的に無かったり、結合が不十分だったりする事でもチェリーアイを発症する場合があります。
先天的な原因によるものは、1歳以内の子犬さんなど比較的若いうちから発症することが多いです。
飛び出した第三眼瞼腺は丸く赤いため、それがチェリー(さくらんぼ)に似ている事から「チェリーアイ」と呼ばれるようになりました。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

チェリーアイの症状は、第三眼瞼腺が炎症を起こして外側に飛び出す事から、周期的に腺の突出が見られ、涙が多くなります。
また、飛び出した第三眼瞼腺が目に刺激を与え、慢性的な不快感を感じるようになります。
その不快感から、犬が自分で目を何度も擦る様になり、そこから、結膜炎や角膜炎など別の眼の病気を併発する恐れもあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-治療

まだ初期の段階であれば、点眼を行います。
慢性的にチェリーアイが起こる場合は、第三眼瞼腺を所定の位置に戻すための手術を行います。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-ステップ