久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-ぶどう膜炎
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要

ぶどう膜炎は犬猫どちらにもよくみられる眼疾患です。
ぶどう膜(血管膜)は虹彩・毛様体と脈絡膜より構成されていて、前者2つを総称して前ぶどう膜、脈絡膜は後ぶどう膜といいます。
ぶどう膜炎は、炎症が特に強い部分の名前をとって、虹彩炎、虹彩毛様体炎、脈絡膜炎といったり、前部ぶどう膜炎、後部ぶどう膜炎と呼んだりすることもあります。

原因が不明な場合も多いのですが、犬のぶどう膜炎の場合は、角膜潰瘍などの目の炎症や外傷が波及して発症したり、免疫不全、ウイルス性肝炎、水晶体性ぶどう膜炎や皮膚の脱色素と被毛の白色化に関連する急性両側性ぶどう膜炎(秋田犬、サモエド、およびシベリアンハスキーなど)などが考えられます。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

眼の充血が強く、動くことを嫌がったりもします。
前ぶどう膜炎では、虹彩が収縮・痙攣して激しい痛みを伴うことがあります。
後ぶどう膜炎では、脈絡膜が炎症性細胞や残屑で満たされます。脈絡膜から液体が漏れ出ることによって、網膜剥離が起こることもあります。
放置すると緑内障や白内障を併発したり、角膜が濁ってしまったり、失明に至る場合もあるので出来るだけ早い治療が必要です。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-治療

眼自体の検査、一般身体検査、血液検査、抗体検査(トキソプラズマ、猫伝染性腹膜炎など)、細胞診などによって診断します。
原因がわかっている場合は、その治療とあわせて抗炎症剤や散瞳剤-毛様体筋麻痺剤の点眼などの内科療法をおこないます。
眼の痛みが強い場合には、犬が眼を擦らないようにエリザベスカラーをつけたりするなどの保護処置をとります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-ステップ