久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-異物摘出
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要

異物の摘出にはビニール、おもちゃ類、毛球、紐、果実の種など様々な種類があります。こういった異物を遊びながら誤って飲み込んでしまった結果、異物の大きさや形状により様々な問題が起きてしまいます。異物が小さければ便と共に体外に出てきますが、大きさによっては胃の中にとどまる場合や、腸に流れていき腸管内に詰まる危険(腸管閉塞)があります。また、竹串など尖ったものの場合は胃穿孔(胃に穴があく)の原因となり、これを放っておくと腹膜炎が起きる可能性が高くなります。また胃や腸の一部に腫瘍ができ、胃・腸管切開術の適応となることもあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

胃内異物の場合、異物による幽門(胃の出口)閉塞や胃粘膜の炎症が引き起こされ嘔吐を示すことがあります。竹串や鋭利な金属が胃を穿孔して腹膜炎を起こした場合は非常に危険な状態になることがあります。腸管内異物や腸捻転などに伴う腸管閉塞や腸管腫瘍では腸管の通過障害が起こり、嘔吐、下痢、体重減少、食欲不振を示すことがあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-治療

胃内異物であれば内視鏡を用いた摘出も可能ですが、異物の大きさや形状によっては胃切開術が適応になります。腸管内異物によりすでに腸管閉塞をおこしている場合は、緊急的に腸管切開術を行います。また、腸管内異物により腸管の一部の血行が途絶えて壊死をしている場合や、腸管に腫瘍が発生した場合などは腸管の切除・吻合術を行います。胃内異物、腸管内異物、腸管閉塞などと診断された時には、なるべく早期に手術を行う必要があります。
異物の誤飲に関してはご家族が気づいていない場合も多くあります。症状が出てはじめて知ることも少なくありませんので、ご自宅での注意が必要です。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-ステップ