久米川みどり動物病院
  • アクセス
  • お問い合せ
  • 久米川みどり動物病院
  • どうぶつウェルネスセンター
  • 草加みどり動物病院
  • スキンケアトリミングサロン
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-胆嚢粘液嚢腫
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-病気の概要

胆嚢は食物中の脂肪の消化を助ける胆汁という液体を貯めておく臓器であり、食後必要に応じて胆汁が排出されます。胆嚢粘液嚢腫とは、胆嚢内に可動性のないゼリー状物質が過度に貯留し胆嚢の動きが低下した状態です。胆嚢内の貯留物が胆管(腸に胆汁を排出する通路)の閉塞をおこすこともあります。また、胆嚢内の貯留物が重度になり胆管閉塞をおこすと、胆嚢が壊死・破裂する危険があります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-症状

嘔吐や腹痛、元気低下、食欲不振といった症状を示します。胆嚢粘液嚢腫であっても、長期間全く症状を示さない場合もあります。胆管閉塞をおこした場合は黄疸を示し、紅茶色の尿(=ビリルビン尿)がみられることがあります。さらに胆嚢破裂により突然死が引き起こされる可能性もあります。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-治療

胆管閉塞による黄疸がみられる場合には、内科的な治療で一旦は回復する可能性もありますが、再び同様の事態を繰り返すことが少なくありません。また、胆嚢破裂を起こした場合は命に関わる危険な状態なので、緊急的に胆嚢摘出術を行う必要があります。内科的な治療による改善は難しいといわれているため、胆嚢摘出術が一般的な治療法となっています。

東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-流れ
東村山の動物病院「久米川みどり動物病院」-ステップ